ロングステイ向けのマレーシア滞在ビザ「MM2H」

ロングステイ向けのマレーシア滞在ビザ「MM2H」の取得は代理店に任せるのがおすすめ!?

世界の留学先としても最近目覚ましい発展を遂げている国、それが「マレーシア」です!
暮らしやすい環境、そして1年を通して安定した天候、アジア圏のなかでもトップレベルの治安の良さを
キープし、さらにはリピーターや長期滞在者が多いこともマレーシアが世界から愛される理由といえます。
マレー系の民族や中華系の民族が、そしてインド系の民族が共存して暮らすマレーシアでは、
ほかの国からやってきた旅行者や留学生にも非常に寛容的であることもその人気を象徴するポイントです。
そして、今回ピックアップしている「MM2H」という制度はこのマレーシア人気をさらに高めている
ポイントでもあり、マレーシアに長期滞在したいと希望する人も積極的な取得を目指しているようです。
それでは実際に、マレーシアに長期滞在するために効果的な滞在ビザであるMM2Hの魅力、
取得するための条件、さらにはMM2Hを取得したいけど何をどうしたらいいのか分からない
という人向けに色々とご紹介していきます。
 
MM2Hの魅力とは?
MM2Hは、年齢に限らず条件を満たしていれば取得できること、それに最短で1年、
最長で10年という長いスパンで長期滞在許可を得られることが魅力的なマレーシア政府が推奨しているビザです。
そのほかにも、銀行口座を開設できることやマレーシアの国産車を免税で購入、
または日本の新車以外の自動車を免税で輸入することもできます。
このほか、日本からの年金を受け取るときの税金も免除されて、
マンションやコンドミニアムを購入するときの銀行融資枠が大きくなるといったこともメリットです。
さらに、MM2Hを取得したからといって決まった日数をマレーシアで過ごすという滞在期限の縛りがなく、
自分だけでなく21歳未満の未婚の子ども、または60歳以上の両親も一緒に申請ができる
といったことの魅力もあります。
 
MM2Hを取得するための条件とは?
マレーシアのMM2Hを取得するためには、年齢の制限や滞在期限の制限はありますが、
その分申請する時点で条件となることがいくつかあります。
たとえば、MM2Hの申請時には申請者の経済的な証明をする必要があります。
経済的な証明については、申請者の年齢によって金額などが異なります。
 
申請者が50歳以上の方の場合
・・・最低35万リンギット以上の財産証明が必要になります。
財産の中には、預金をはじめ有価証券や株式、さらには投資信託なども含まれています。
MM2Hの申請をしてその後仮承認が下りたときには、マレーシアの金融機関に
月に15万リンギッドを定期預金する必要があります。
その後、2年目以降に関しては5万リンギットを医療費や不動産の購入、
そして子どもの教育費などに引き出すことも可能になります。
 
申請者が50歳未満の方の場合
・・・50歳以上の方はMM2Hを申請するよりも、さらに条件が上がるのが50歳未満の方の申請です。
50歳未満の方がMM2Hを申請するときには、最低50万リンギット以上の財産証明が必要になります。
財産の中には、預金をはじめ有価証券や株式、さらには投資信託なども含まれています。
仮承認が下りたあとは、マレーシアの金融機関に月に30万リンギッドを定期預金する必要があります。
その後は、2年目以降については15万リンギットを医療費、不動産購入、
教育費などのために引き出すことができます。


マレーシア 学校

学生ビザ マレーシア

海外研修 マレーシア

MM2H